コンビニ物語~サムバディヘルプ!~

16/19
48人が本棚に入れています
本棚に追加
/19ページ
俺の予想は虚しくも当てが外れていた。 でも、別にそんなのどうだっていい。 俺は黙ったまま、静かにまーこの話を聞き続ける。 「今日さ、ケンカしちゃって『別に別れてもいいんだからな!』って言われちゃってさ…」 「…」 「もう…どうしたらいいかわかんないよ…」 どこか遠くを見ていたまーこの瞳から綺麗な大粒の涙がボロボロこぼれだした。 「誰か…助けてよ…」 その言葉を聞いた瞬間ーーー… 「俺がいるよ!!」 思わず俺は叫んだ。 「俺がいるよ!俺がいつだってお前を助けるよ!大丈夫だよ!そんなんで落ち込むなよ!」 まーこの両腕を掴んで、お互いの視線が合うと、まーこは顔をくしゃくしゃにして、言葉にならない泣き声が零れはじめた。 そして俺の胸に顔をうずめた途端にわんわん泣きだした。 「マサぁ…彼氏のこと…本当にすごい好きなんだよぉ…」
/19ページ

最初のコメントを投稿しよう!