【まさに悪魔】

2/4
13人が本棚に入れています
本棚に追加
/5ページ
俺は、『N★ナルシスタ』というクリエイター・サイトに登録して、ちょこちょこ自作の小説を書いては投稿している。 目指すは… 夢の『印税生活』! でも、世の中そんなに甘くない…って言うか、俺の文才もまだまだ発展途上で、なかなかこれといった作品が書けずにいた。 そんな中… 千載一遇のチャンスが巡って来たのだ! サイト内である短編小説コンテストが開催され、それで大賞を取れば書籍化を前提として長編小説の執筆にチャレンジできると言うのだ。 イベント名は… 『1PAGE・SCARE・TALES』…略して『1ST/ファースト』。 (す、すいません…。って、どなたに謝ってるんだ?汗) 要するに『1ページの怪談』だ。 ある四つの『お題』全てを盛り込んだ1ページ限定のホラー小説を書いて、その完成度を競うというのがその趣旨である。 早速、俺もそれにチャレンジしようとパソコンに向かった。 ちなみに四つのお題は… 『花粉症』 『オークション』 『ニュース』 『占い』 こんなジャンルがバラバラのお題全てを一本の短編小説に盛り込んで、しかも1ページの範囲内で書くとなると、なかなかにハードルが高い…。 あ、そうだ! お題のうちのどれかを主人公の名前にしちゃうのは、どうだろう! 例えば… 『花粉・症太郎』 …って、何だ?! こ、このホラー・テイストぶち壊しのネーミングは!! だいたい!『花粉家』って、どんなイエガラだよ!! あぁ…。 何も頭に浮かばん…。 俺は、何か参考にならないかとネットのオカルト系サイトをいろいろと閲覧してみた。 何度かネット・サーフィンを繰り返し… 「おや?」 ちょっと気になるサイトが…。 サイト名は… 『悪魔呼び出しサイト』 そのサイトを開いてみると、黒一色に赤文字の文章が現れた。 『このサイトは悪魔を呼び出せます。呼び出された悪魔は貴方の願いを一つだけ叶えます。ただし、その代わり報酬を求めてきます。ご希望の方は下のアイコンをクリックして下さい』 「……」 興味を覚えた俺は、画面下に有る菱形のアイコンをクリックしてみた。 と、 突如! 文字が消え、パソコン画面に青白い顔をした男の顔が現れた!! 『私を呼び出したのは、お前か?』 低い男の声が響く。 「へー。よく出来たCGだなぁ」 『CGではないぞっ!!』 男の目が、つり上がった。 え? 何で… 向こうに、こっちの声が聞こえてるんだ?
/5ページ

最初のコメントを投稿しよう!