闇カジノからの脱出

4/18
4人が本棚に入れています
本棚に追加
/18ページ
「――でも、がっぽがっぽですよ?」  女は真剣な顔でそう言って、巧みにジェリーの気を引こうとする。 「ががが、がっぽがっぽ……?」  いともたやすく心をかき乱されるジェリー。 「……騙されるなよ、ジェリー。ありがちな手口だ」  こうなってしまうと、メロンの忠告など右の耳から左の耳へ、だ。 「わわわ、私でも、簡単に……?」 「はい。両手では抱えきれないほどのチップの山に囲まれて、100万……いや、1000万くらい軽いもんです!」  客引きの女がドヤ顔で親指を立てる。 「レッツ・ミリオネア!」  彼女がそう言って威勢よく右腕を振り上げるのとほぼ同時に、ジェリーもその毛むくじゃらな手を天に向けた。 「イエス・ミリオネア!!」  お笑いコンビ顔負けのコンビネーションを見せる二人を、メロンが慌てて怒鳴りつける。 「馬鹿かお前は!! こんな見え透いた嘘に……」  しかし、時すでに遅し。ジェリーの目は完全に『¥マーク』になってしまっている。 「どうして嘘だなんて言えるの?! 私、1000万稼いだら、超絶美人の女の子はべらせて豪遊するんだから!!」 「そう言ってる奴が実際稼いでるところなんて見たことがないぞ。馬鹿なことを言ってないで帰るんだ!」 「嫌だぁ~~!! 私の1000万~~~!!!」 「まったく! 馬鹿なことを言ってないで帰るんだ!!」  やいのやいのと騒ぎ立てる二人を、客引きは困ったような表情で見つめていた。 「お客さんー……頼みますよー! トクベツ安くしとくんでー……」  しかし、必死になって説得を重ねるメロンはおろか、金に目のくらんだジェリーまでもが、目先の言い争いに夢中になって彼の言葉に耳を貸そうとしない。
/18ページ

最初のコメントを投稿しよう!