凶界線《ボーダーライン》

日常の隣に潜む、異形の現実に触れた四人の男たちを描いた群像劇です。

26 425

3時間23分 (121425文字)

あらすじ

日常の隣に潜む、異形の現実。作家志望のニート少年・西村陽一、裏社会の仕事師・藤田鉄雄、謎のサラリーマン・仁美一郎、復讐に生きる男・大和武志……年齢も生き方もまるで違う彼らの人生が知らず知らずのうちに交

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2016/6/17

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る