名字貸してます

3/6
1549人が本棚に入れています
本棚に追加
/155ページ
喋るのも億劫な様子の彼女を残し、急ぎ足で自販機へと向かった。 病院内は内科ということもあり、どこを見てもぐったりと力の入らない患者ばかりで、俺の生気まで吸いとられるような空気に包まれている。 しかし、俺までマイナスの方に引かれてはならないと内に力を入れ、水とスポーツ飲料の二本を手にしてキララの元へと戻った。 「……おかえり」 キララは相変わらず苦しそうに肩を揺らしながらソファーの背に全体重を沈み込ませていたが、俺の姿を視界に捉えると少し姿勢を正した。 「どっちがいい?」 「……ユーリが……飲まない、ほう」 「どっちもお前の。病人が遠慮なんかするな」 こんな時でも気を遣うキララの右頬に水、左頬にスポーツ飲料をあてて顔を挟むと、「あ、きもちいい」と言って彼女は目を閉じた。 この季節に冷たいものをあてられて気持ちいいと思うのは、十分熱がある証拠だ。
/155ページ

最初のコメントを投稿しよう!