とある物書きの一人語り

作者の内面が前面に出た厨二乙作品

1 3

16分 (9,306文字)

あらすじ

作者、由羅木ユーリが思った事や考えついた事をただひたすらに書き殴っただけの、問題作。 厨二感が漂う作者のメモ書き場。

シチュエーション

タグは登録されていません

その他のキーワード

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2016/8/13

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る