第2章 綴られたコトバは孤独なメロディーで

1/8
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/31

第2章 綴られたコトバは孤独なメロディーで

綴られたコトノハは 音色のない透明な不可視の呪文 寂しさと懐かしさは孤独の元に コトノハにはメロディーを 皆様には不協和音を 相変わらず厨二病爆発気味です。
/31

最初のコメントを投稿しよう!