*美桜*

10/11
2668人が本棚に入れています
本棚に追加
/706ページ
「浅賀さんが教えるなんてね、見て覚えろ とか言われなかった? 身内には厳しい人なんだけど」 「私が、あまりにもダメダメなんで そこまでの域にも行ってないと思われます」 「フフッ、浅賀さん、甘いマスクだから 外面はよく見えるけど。本来は生粋のSよ 七瀬さん、気に入られるのは珍しいわ」 さっき聞いたフレーズ 大川さんと同様、気に入られてはないと 思うけど 「Sっ!?」 最初の怖い印象はなくなり、何だかんだと 鈍くさい私の面倒を見てくれているけど Sっぽいと言われたらそうなのかな... 男性を知らなさすぎてよくわからない 「私、頑張ります!」 「気張り過ぎると疲れるから、ほどほど に頑張って。わからないことがあったら 遠慮なく連絡してね」 「はい、ありがとうございます」 「それじゃぁ... 」 「武石さん!待ってください。 浅賀さんが代わって欲しいと...」 「あら、そう。ちょうどいいわ 私も話したいことがあったから」 私は、振り向いて浅賀さんに声をかけた 「浅賀さん!武石さんの電話おわりました 出られますか?」 「あぁ、今...行く」 浅賀さんは、カーテンを開けて出てきた
/706ページ

最初のコメントを投稿しよう!