『ムゲン王と呼ばれた男』

4/27
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/27ページ
「……キミの世界にも試験くらいあっただろう。そして、合格する見込みも無い試験を、落ちるだろうが、記念にと思いながら、試験を受けることを、記念受験と言うんだ」 「言葉の意味は分かったが、それが、なんの関係があるというのじゃ……」 分かっていなかったようだ。しかし、僕の説明を聞いたクロエの声音が弱弱しくなる。僕の言わんとしていることを、察しているのかもしれない。 「……僕があの時、記念受験じゃない、と言ったのは。キミがそんな心持ちでいると思ったからだ」 つまり、 「勝つ気がないと、思ったからだ」 「……っ!」 クロエの目が揺れる。やはり、そうだったのか。だから、僕は無意識だったなんて嘘を吐いたんだ。だって、 「……僕より強いキミが勝つ気が無いのに、キミより弱い僕が、心底勝とうと意気込んでいるなんて……。恥ずかしくて、とても言えなかった」 「……じゃが、でも……。策も、碌に無く……」 「理由などどうでもいい。今は、キミの勘違いを正すことが先決だ」 キミが勝つ気をなくしてしまった理由は、あまりに僕がふがいない。ただそれだけだ。キミに非などない。 そして、キミが『無理やり』僕を連れてきたなんて負い目も、ない。
/27ページ

最初のコメントを投稿しよう!