謎の手紙と記憶の欠片 Ⅰ

思い出したらいけないから。だから、みんなは隠そうとするの…?

邑城 結深

青春 完結
2時間53分 (103,517文字)
編集中です

25 301

あらすじ

“私は忘れてはいけなかった…。忘れることは許されることではなかったはずなのに……。” 事故で記憶を失った希望。しかし、失ったのは家族と友人の美希。そして、恋人の沢松の記憶だけ。 なぜ、大切な人の記憶

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る