01 浪漫
1/1
1/109

01 浪漫

 …――ロマンティック。  日本語では浪漫と言う。  浪漫とは他人が入り込む余地のない世界で繰り広げられる幻想という名の魅惑。  俺にとっては、可愛い彼女とのチョメチョメタイム。  そして浪漫を感じる為に、付き合っている彼女と二人で満天の星空と煌びやかな夜景が見られるスポットへと向かっている。このスポットの話を持ってきたのは彼女で、彼女が言うには、そこは素晴らしきロマンティックさであるらしい。  ただし、女が言う浪漫と男の浪漫は大きく違うがな。  などと俺は思っていた。  馬鹿だな。まさに馬鹿。  ともかく、そこは最近大人気となったスポットらしい。程よく田舎で、街灯などもなく空気も澄んでいて、まるで星に手が届きそうな距離で満天の星空を楽しめるらしい。無論、話をもってきた彼女の瞳も潤み、期待に満ちキラキラしていた。  そんな彼女の綺麗な瞳を見つめて……、  まさに星屑の欠片と俺は思ったもんさ。  いまさっきまではなッ。  そして今日という日の天気は晴朗で雲一つない月夜。星空を見上げるにはうってつけ。当然、月明かりはいい感じで俺達の車を照らし出している。もちろんロマンティックスポットは雑誌に紹介されるような大人気な場所だから……、  ロマンティックさはお墨付なのである。  しかし、あともう少しで満天の星空の下、彼女と浪漫(チョメチョメ)できると期待していた俺が阿呆だった。むしろ雑誌に紹介されるほどのロマンティックスポットなのだという要素をもっと深く考察すべきだった。不覚を感じない為にも深くな。  そう。  浪漫は俺達の期待を見事に裏切ってきやがったのだ。  俺は忌々しくなりタバコに火をつける。 「マジか。キレるぞッ?」 「ごめんね」  言葉少なく答える彼女。  俺は如何ともしがたい怒りの為、彼女に配慮もできず無言でタバコを吸い続ける。  二、三服したあと直ぐ灰皿でもみ消す。  クソ、まったくイライラが止まらんぞ。 「って、動かねえな。一体、なん分待てばいいんだよ。山の中だから自販機なんて気の利いたもんはねえしよ。これでタバコでも切れたら、マジ、キレるぞ」  …――チッ。人で溢れかえるロマンティックスポットまで自然渋滞25キロ発生。  クソがッ。雑誌に紹介されちまったらこんなもんか。  浪漫って、一体なんだ?
1/109

最初のコメントを投稿しよう!