02 完璧
1/1

02 完璧

 …――僕の彼女は完璧超人。だけど残念な子。  容姿端麗で今度アイドルとしてデビューするらしい。しかもデビュー前から総選挙で1位を獲るほどの人気ぶり。センターは確実だろう。まあ、人気アイドルのセンターだからって可愛いとは限らないが、それでも凄いと思う。  ただし可愛いだけじゃ世の中は渡れないけどね。  それが僕の残念彼女。  もちろん勉強は学校で一番。いや、日本全国でトップの成績を収めるほどの実力者。それどころか小学生の時の書いた論文は学会でも高評価を受けていて、今度、世界初の高校生ノーベル賞受賞を果たすという噂を聞いた。  いくらあっぱれな天才ぶりでもほどがあると思うぞ。  それが僕の残念彼女。  もちろんスポーツもずば抜けていて、男子に交じってもなんら遜色もなく、今度のオリンピックでも15個に及ぶ金メダルを世界から嘱望されるほどの怪物ぶり。当然、ジャンルも選ばず、どんな競技でも最高の結果を叩き出す。彼女が持つ世界新なんて両手があっても全然足りないくらいだ。  これはフラグではと思ってしまうほどのスポーツウーマンぶり。  それが僕の残念彼女。  そしてラブコメのお約束。料理や家事が苦手だという事もない。本職は家事手伝いなんじゃないかと思えるほどの完璧ぶり。料理なんか、もはや超絶なプロの領域で美食漫画も真っ青な死ぬほど美味い料理を難なく作ってしまう。週に一回、五つ星レストランの総料理長が彼女に教えを請いに来ているほどだ。  本当に欠点がない事が欠点だと言われそうだ。  それが僕の残念彼女。  更に羨ましい事に彼女には商才も腐るほどある。親がフォーブスに載るほどのお金持ちなのは言うまでもないが、彼女自身、洗濯ばさみを商材に一ヶ月で5億円稼ぎ出せるだけの才覚がある。どんな手を使うのかは分からないが、どこにでもある洗濯ばさみを売るだけで時給換算で684,931円を叩き出す。本当にあり得ない。  必死で家族の為働く世の中のお父さん連中の恨みを買うんじゃないかとさえ思う。  ではここで疑問に思う。果たして彼女はなにが残念なのか?  それは……。  彼女が二次元の中だけの存在って事さ。  でもね。そんな二次元にしかいない彼女を僕は死ぬほど愛しているんだけどさ。