04 夢を買う
1/1
/109

04 夢を買う

 …――宝くじの一等が当たったら。  それは誰しもが思い描く夢物語。しかし俺はリアリスト。自慢じゃないが宝くじなど当たるはずがないと買った経験すらない。夢は夢なんだよ。それでしかない。しかし友はそんな夢物語を熱く語る。  ちょうど今し方、間抜けな顔を晒しつつ宝くじが当たったらとしつこいのだ。  嗚呼、うるさいうるさい。 「なあなあ。俺、一等当てちゃうかもよ。真面目な話」 「ないな」  こういった調子でアホらしい夢物語をかわしているのだが、それでも熱病に冒されたようにしつこく当たったらの話をしてくる。もうかれこれ一時間以上、同じ話を聞かされている気がする。  心底うんざりだ。 「当たったらよ。車を買って、家を買って、残りは貯金だな」 「だからないと言っているんだが?」 「それともフィリピンにでも移住して一生遊んで暮らすか。フィリピンの物価は一般的にみて日本の三分の一らしいぜ。豪遊して遊びながら暮らしても余るぜ。むふふ」 「だから話を聞いているのか。もしかして耳と脳が腐ってるのか?」  本当になんなんだ。  このキラキラした目の夢見がちなオッさんは。  確かに宝くじは夢を買うという表現がされる。夢を見るのは個人の勝手だし、それを邪魔するのは無粋だとも思うさ。思うが、小一時間も夢見がちなオッさんの夢物語を聞かされているこっちの身にもなって欲しい。  現実を見せようとどれだけ冷たく否定してもずっとこの調子なのだから。  心底うんざりだ。 「ところで今回、お前は宝くじをいくら分くらい買った?」  夢見がちなオッさんが俺に聞いてくる。 「お前はアホか。俺に聞くか? 俺が買うわけがないだろう。むしろ自慢じゃないが長い人生の中、宝くじを買った経験すらないぜ。俺に聞いたのが残念だったな」 「そうか……」  そういった彼は満足そう。 「そういうお前はいくら分買ったんだよ。ああ、カネをどぶに捨てたな」 「俺に聞くかよ。俺はお前の唯一の友だぜ」  唯一は言い過ぎだ。  盛り過ぎ。  俺にだってお前の他に友達は沢山いるさ。 「実はな。ここだけの話。一枚も買っていなんだよ。お前と一緒で生まれてこの方、宝くじなんて買った事がない。でもよ。なあなあ、一等を当てちゃったらどうする。やっぱりフィリピンで豪遊? もちろんお前にも美味いもんをおごってやるよ」 「……」 「唯一の友だしな」
/109

最初のコメントを投稿しよう!