想いの強さ

15/36
5788人が本棚に入れています
本棚に追加
/1045ページ
「柳瀬くん、ありがとうございます」 順番でシャワーを浴びて一息ついたところで西条さんが口を開く。 「へ?え、と……なんのことですか?」 「部屋のことですよ。気を利かせて翔と私が同じにならないようにしてくれたんでしょう?」 「あ、はは……はぁ、まあ、そんな感じです」 「翔から、聞きましたか?私が何をしたか、何を裏切って、何を切り捨てたのか」 まるで俺が翔さんから話を聞いたのを知ってるみたいな言い方。 隠した方がいいのか? いや……無駄な気がする。 「聞きました」 「やはりそうでしたか。翔は貴方をとても信用しているようでしたから」 ふぅ、と息をはいた西条さんはひどく優しい顔をしていた。 なんだこれ……この人、もしかして…… 「なんで、あんなことしたんですか?」 「……西条の地位が欲しかったからですよ」 「違う!」 少し大きな声を出した俺に驚いたように目を丸くする西条さん。
/1045ページ

最初のコメントを投稿しよう!