お得意さま

29/32
426人が本棚に入れています
本棚に追加
/32ページ
「さ、霧島さんも飲んで」 彼は今にも溢れそうな泡を揺らしてグラスを置くと、私から瓶を奪って合図した。 私はグラスを持ち上げながら先生を横目に見た。 お酒はそれほど強くない。 私は缶ビール一本で十分に酔えるのだ。 私の視線に気付いた先生が「大丈夫」とばかりに小さく頷くのを見て私は彼の前にグラスを差し出した。 「すみません、少しだけ……」 彼は私の目の前で彼と同じようにグラスいっぱいにビールを注ぎ、私は溢れ出すビールの泡に唇をつけた。
/32ページ

最初のコメントを投稿しよう!