杏とメモ

1/4
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/23ページ

杏とメモ

 そのまま外に出るわけでもなく布団に入り次の日になった。時計を見れば六時半。少しゆっくり目な朝だった。階段を降りて居間へ行けば朝食が待っている。 「あ、おはようございます。今朝食にしますから」  そう言われて朝食にすることにした。朝はあまり得意ではないのだが、ゆっくり寝ていたおかげで眠気はない。  朝食を終えて何をするか考えることにした。とりあえず部屋へ戻り、携帯を開く。電波は通っているが都会に染まったのかなと思うと複雑な気持ちだった。まぁ、せっかくだし少し電話でもかけるか。  コール音がいくつか鳴ってガチャリと音がする。 「もしもし、神木です。例の件ですが、少し調査を――――」  要件だけを手短に話し、電話を切る。さて、次の目的に行くとしよう。  家の中をきょろきょろと探し、おふくろにたどり着く。 「なんだ祐輔、まだ出かけてなかったのかい。今日は杏ちゃんのところへ行くんだろう?」 「あぁ。この時間なら暇してるだろうしな。なんかあるなら買い物もついでに行くけど」 「そうかい。ちょっと待ちな」  そう言って台所へ引っ込んでいく。それについて行き、冷蔵庫の中身を見ておく。すると材料はたくさんあった。何だ、大丈夫そうじゃないか。 「ほいこれ。よろしく頼むよ」  渡されたのは一枚のメモ。書いてある内容に納得し、出かけていく。
/23ページ

最初のコメントを投稿しよう!