1/1
591人が本棚に入れています
本棚に追加
/147ページ

思わず顔をあげたのは、流れるメロディーが耳に留まったからだった。 真冬の深夜のコンビニには、従業員と俺しかいない。 店内を流れるのは、百万人のために歌われたラブソング。 ある映画の主題歌で、君も俺も、大好きな曲だった。 君は覚えているだろうか。 あの夏の日の放課後、だれもいない音楽室で歌ったことを。 俺は初めてだれかをきれいだと思ったし、君の歌はなによりも特別で、心からいとおしいと思った。 あの日のことは、忘れようと思っても一生できないと、君に誓えるよ。 だからこそ、思い出す度に苦しくもなるんだ。 光り輝く時はもう戻らないし、あの歌は……。 それから続く俺と君との、悲しい調べでもあったから。
/147ページ

最初のコメントを投稿しよう!