花の色 薫香の宵

客人がくる夜、彼は髪を染め、着物をまとう。和風ファンタジーBL

310 523

BL 完結 過激表現
1時間59分 (71,377文字)

あらすじ

塀に囲まれた古い大きな屋敷に住む朔夜は、客人がくる夜になると、髪を染め、着物をまとう。 望月庵で菓子を受け取り、客人をもてなす。 客人とは人なのか、人ならざるものなのか……。 望月庵で作られる菓

シリーズタグ

感想・レビュー 1

設定は現代、しかし訪れる客人が読者をも異世界に引き込んでいく。 そこかしこに散りばめられた単語とそれが持つ意味を想うと想像の世界がより大きく・広く・深くなっていく。美しい日本語が紡ぎだす世界は、まるで

その他情報

公開日 2016/8/6

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る