【5】

1/3
1250人が本棚に入れています
本棚に追加
/42

【5】

 彼の胸を枕にしているのは、抱きしめられてるからだ、と一瞬後から理解が来た。 「そう言われちゃ、しょーがねぇな」  わたしの頭を撫でて彼は言った。 「一生、男がトラウマになる手伝いするわけには、いかねぇわな。……ぃしょっと」  くるりとわたしをひっくり返して、覆い被さった彼は頬に唇を触れた。そっと撫でるみたいに。 「……してくれるんですか?」 「ハイ。させて頂きますよ。……ただし、なんかワケありみてぇだから、嫌だと思ったらすぐ言いな。そこ触られたくないとか。なんでも」 「……はい」  あ。  ……また。  体の奥にまた、小さな火が灯る。  さんざん、嫌な思いしたのに、この人には期待してるのかな――――。  瞼に、頬に触れた唇が、今度はわたしの唇に重なる。  温かくて、柔らかい感触に塞がれて、ふと、思う。あまり煙草臭くない。多少は口漱いだり気を遣ってくれたのかもしれない。  濡れた舌先を唇に感じて、ぴくっとわたしの体は震えた。 「嫌か」 「……嫌じゃないです。平気」
/42

最初のコメントを投稿しよう!