【2】

1/2
1413人が本棚に入れています
本棚に追加
/42

【2】

 人って、どんな時も、初めての場所に行くのが不安なのは当たり前なんだけど、こんな時も来たことのあるラブホについ、足が向かったのは自分でもおかしかった。  いい思い出があるわけでもないのに。  部屋を選ぶやつ。わたしが手を出す前に彼が選んだ。  空いてる中で一番高い部屋。 「おじさん、買われた側だから、俺が選んでいいよな?」  良く分からない理屈だけど。先払いで私がお金を払って、部屋に行った。 「やっぱ、広いねぇ。いい部屋は。煙草吸っていいか」  ソファにどっかと座って、いいと言う前に煙草の箱を取り出す彼にわたしは言った。 「どうぞ。あたしお風呂行って来ますから」 「ごゆっくり」    脱衣所で服を脱ぐ段階になって、ふと怖さが来た。  ――――でも、あのおじさんなら、命まで取られることは無さそう。  と楽観的な考えを頭に浮かべながら裸になって、シャワーを済ませる。  けれど、不安感は収まらず、いつのまにか『大丈夫。大丈夫』と頭の中で唱えている。  浴室から出ようとドアを開けると、そこにワイシャツ姿の彼が居てわたしは声を上げた。
/42

最初のコメントを投稿しよう!