【3】

1/3
1409人が本棚に入れています
本棚に追加
/42

【3】

 初めて、ここに来た時は、情けないくらい何も知らなくて、あの人の言うなりだった。  ラブホも、セックスも、そういうものだと思った。  そういうもの、っていうのは、中高大学とずっと男性に縁がなくて、友達の話を聞きかじるばかりで何も知らないわたしでも、淡い憧れを抱くような、甘くて恥ずかしくて、くすぐったい世界、とは違っていたということだ。  がっかりするような、希望も、どきどきもない、ごく即物的な行為と場所。  そんなもんか、という軽い失望感が天井を見ているとリアルによみがえって、わたしは布団の中に身を埋めた。  ガチャ、とドアが開く音と 「っしゃ、やるか」 と、身も蓋もない声が同時に聞こえた。  布団から顔を出すと、彼は濡れた頭にタオルをかぶって下は。 「なんだ。初めて見るわけでもねぇだろ。今までの男よりデカいか」  わたしはまた布団にもぐった。 「そんなネタはいいです。ていうか、普通タオルって下隠すもんじゃないですか」 「そりゃ自信ないヤツのすることだな」 「マナーだと思いますけど」 「俺を選んだのは、嬢ちゃんだろ」
/42

最初のコメントを投稿しよう!