群青2 モノクロ第10話

34/38
1491人が本棚に入れています
本棚に追加
/38ページ
静かに 静かに彼女に埋まり、身体の距離を縮めた。 熱を帯びた肌と肌がピタリとくっつき、身体が密着すると、ゆずが手を伸ばして俺の首に絡ませる。 『言って下さい』 視線だけでねだる。声にならない声。 浅く、深く、ゆっくりと腰を動かし、できるだけ卑猥な音をたてて彼女を愛でた。 「好きだよ」
/38ページ

最初のコメントを投稿しよう!