プロローグ

1/1
428人が本棚に入れています
本棚に追加
/299ページ

プロローグ

 必然というものについて、考えることがある。  いわゆる運命というやつだ。  例えば、人との出会い。  きっかけは今思えばそれこそ偶然だった。  偶然にも知り合い、やがて長い年月を経て、そのひとが自分にとってかけがえのない存在となったとき、ああ、この出会いは必然だったのかと感じる。  そして、それは昇華して、運命だったのだと思う。  運命とは実際にあるものなのだろうか?  それとも偶然の延長にある、結果論にすぎないのだろうか?  このことについて、犬彦さんの意見を聞いてみたいという衝動に、俺は何度も駆られた。  ねえ、犬彦さん、あなたは必然と偶然、運命の始まりはどちらだと思いますか?  しかし、答えは聞かなくても分かっていた。  「うるせえ、さっさと寝ろ」  きっと犬彦さんはこう答えるだろう。  犬彦さんは理屈っぽい話を嫌う。  じろりと睨まれて終わりだ。  犬彦さんは教えてくれない。  だからこそ、彼の本心を聞いてみたかった。  これは、ただの偶然ですか?  それとも運命だったのでしょうか?
/299ページ

最初のコメントを投稿しよう!