想い涙にのせて

21/22
12人が本棚に入れています
本棚に追加
/24ページ
――好きだなんていう事は許されない事はわかってる。 この気持ちも年月を重ねればきっと色褪せていく。 だけど、彼を見つめる度に、その言葉が今にも溢れそうになる。 「……あっ」 口を閉ざしていた分、堪えきれかったその想いは涙として零れ落ちてしまった。 悠さんは一瞬目を丸めたが指でそっとその涙を拭ってくれた。 その想いを受け止めてくれたようなそんな気がして、また涙が溢れ出ていく。 「……美玖」 そんな私の姿に呆れるのでもなく、優しそうな声で、私の名を呼んだ。 「ごめ……今泣き止むからっ」 私の涙腺は壊れてしまったようだ。 こんなひどい顔見せれないと立ち上がり、顔を洗いに行こうと悠さんに背を向けた。 だけど、顔を洗いに行くことは出来なかった。 何故なら私は後ろから悠さんに抱きしめられていたから。
/24ページ

最初のコメントを投稿しよう!