もう、詩なんて書かない

書かないきもちで流れる言葉

八朔 恋

2時間58分 (106,613文字)

15 357

あらすじ

もう、詩なんて書かない。 そう告げてから、書いた詩に、 もしも意味を見つけてくれるのならば。

タグ

感想・レビュー 3

もう詩なんて書かない、しかし溢れでる文才の本性が明らかになっている、そんな作品です 時に優しく、時に激しく、時に厳しく、時に切なく 作者様の心が詩に乗って風のようにふわふわと脳髄を刺激し、しかしな
1件

※このコメントはネタバレを含みます

1件1件

※このコメントはネタバレを含みます

2件2件

この作者の作品