例えるなら、水のような-2

3/21
402人が本棚に入れています
本棚に追加
/21ページ
咄嗟に胸が密着しないよう腕でガードはしたものの、この状況は危険すぎる。 過度に緊張して、恐らく相手にも伝わるくらいに身体が強張った。 ……なんでこんな時に限ってさらしもチューブトップもつけてないんだ。 迂闊過ぎて自業自得だが、兎に角この状況を打破せねばならない。 「いえ……助けていただいてありがとうございます」 固くなった頬の筋肉を無理やり動かして笑うと、力いっぱい男の胸を両手で押し返したが、絡みつく腕は離れなかった。 「梶さん、いい加減に……」 ……本当に、やめてくれ。 自分の力ではどうすることもできない、腕力の違いを見せつけられる。 この状況は、僕には恐怖でしかない。
/21ページ

最初のコメントを投稿しよう!