触れてはならない、禁断の果実-2

14/29
425人が本棚に入れています
本棚に追加
/29ページ
「何か、あったんすか?」 らしくない、心許ない表情についストレートに尋ねたけれど、「別に」と簡潔過ぎる答えが余計に不自然で。 横顔をじっと眺めて観察する。 耳が赤い。ちょっと泣きそうにも見えるし、拗ねているようにも見えるし、不安を抱えているようにも見える。 気になるのは、それらを隠そうとするのがいつものことなのに、今は駄々漏れだということだ。 「ほんと、何か変っすよ」 アカリちゃんとのことだろうか、それとも俺が居ないうちにまた梶のおっさんが来て嫌な思いでもしたのだろうか。 心配になってつい、綺麗な横顔に手を伸ばす。 だが、触れる寸前でびくっと身体を震わせた慎さんに、俺の方こそ驚いて慌てて手を引っ込めた。 「すみません、つい」
/29ページ

最初のコメントを投稿しよう!