大人の男は安全牌を装うのが上手いらしい

20/23
431人が本棚に入れています
本棚に追加
/23ページ
息が苦しい。 熱い。 ”相手が陽介なら?” 蕩けた頭の中で、佑さんの声がした。 盛って何をされるかわからない。 確かにその通りだし、今まさに盛られてるし 「……くるしっ……」 「もう、ちょい」 怖くないと言えば嘘になる。 首を掴む手の大きさを、肌で実感する。 強くはなく優しく支えられてるのに、逃げる隙はなくて怖い。 宥める様に僕の首筋を撫でる指の感覚にもぞくぞくさせられて、怖い。 だけど嫌じゃなかった。 「怖い」と「嫌」は別物の感情らしいと知った。
/23ページ

最初のコメントを投稿しよう!