溢れる気持ちの受け止め方が、僕にはわからない

8/19
396人が本棚に入れています
本棚に追加
/19ページ
まな板のレモンに包丁の刃を入れると、切れ味が悪くなっているのか果汁が飛んで顔にかかる。 目に近い場所だったせいか、沁みて涙が出そうになった。 「話すのが怖い」 「…………陽介は知ったからって、変わんねえと思うぞ」 「だからって」 佑さんは、案外。 女心をわかってないと思う。 好きな男に、知られたいわけがないじゃないか。 だけど陽介さんだから、話したいとも、思った。 ずっと一緒にいたいなら、打ち明けるしかないんだから。 勇気がなくて一歩が踏み出せずに、約束を果たせないままだったけれど、僕が女だと知ってるならもう猶予はなく選択を迫られる。 「お前がどんだけ黙り込もうと閉じ籠ろうと、陽介が簡単に引き下がるわけないしな」 「……はは、そんな感じ、する」 このまま曖昧なままでいられればと何度も思ったけれど、そうもいかない。 初めて陽介さんと交したキスは、とても熱くて扇情的で、その先があることを思わせるキスだった。 だけど多分 僕はその先を、受け入れられない。 その先が、怖いことだと身体が記憶してしまっている。
/19ページ

最初のコメントを投稿しよう!