だから言わんこっちゃない!!

21/27
459人が本棚に入れています
本棚に追加
/27ページ
水枕に氷と水を入れてタオルで巻いてから、寝室をそっと覗く。 カーテンが閉めてあるけれど、遮光はそれほど強くないのか外の陽射しで少し薄暗い程度だった。 「陽介さん?」 彼はちゃんとベッドに横になっていて、近づいて声をかけると薄く目を開ける。 やっぱり、さっきのは空元気だったのだ。 ベッドに入って気が抜けたのか、とろんと力のない目になっていた。 少し頭を上げさせて、首の下辺りに水枕を敷く。 その手をまた握られて、ぽそっと「遊園地、行きたかった」と呟くので思わず笑ってしまった。 いい大人が、これではまるで子供だ。 「いつでも行けるでしょう。仕事始めまでは、まだ間があるし」 「はい」 「疲れが溜まってたんです。だから休んでくださいといつもいつも……」 つい小言に移行しそうになったのだが、それを聞いている陽介さんが嬉しそうに笑いながら「すんません」というので、言葉が続かなくなってしまう。
/27ページ

最初のコメントを投稿しよう!