貴女が涙を飲んだワケ

26/33
489人が本棚に入れています
本棚に追加
/33ページ
いや別に、子供相手に火花を散らすつもりはないんだけど、飛んで来る視線を真向から受け止めると、絵面的にそんな感じになる。 あ、そうだ。 そういやこれまだ渡してなかった。 と、上着のポケットから忘れていたポチ袋を取り出した。 これでちょっとでも態度が軟化しないだろうか、と目の前に差し出してみたのだが。 「いかがっすか」 すると、ぱしっと奪い取るように持って行かれた。 ああ、やっぱりあれなのか。 お年玉云々ではなく、真琴さんを巡っての火花なんだなこれは。 「こら! 佑衣、ちゃんとお礼言え!」 と、佑さんが父親らしく一喝してもぷいっとそっぽを向いてしまう。 しかし、真琴さんが膝の上に乗せたまま「コラッ!」というと態度は一変した。 「佑衣、ちゃんとお礼は言わないとダメだよ」 「……ありがとう」 渋々ではあったが、小さな声でそう聞こえた。 っつーか、膝、羨ましい。 熱出してる時に膝枕お願いすればよかった。 「親より真琴の言うことのがよく聞くんだよコイツ」 「真琴さんにべったりなんすね……」 「だって佑衣、大人になったらまこくんのお嫁さんになるもん」 言いながら、真琴さんの胸に頬擦りをして、得意げな顔で俺を見上げた。 羨ましい! うえに、それはちょっと聞き捨てならん! 「それはだめ! 真琴さんは俺の嫁さんになるから!」
/33ページ

最初のコメントを投稿しよう!