とあるキスの後

2/3
446人が本棚に入れています
本棚に追加
/20ページ
あー……唇やらけー…… といよいよ吹っ飛びそうになって、ギリギリでキスから彼女を解放する。 まだくっつきたがる唇が、名残惜しむように最後にもう一度啄んだ。 「大丈夫、すか」 「ん……」 弾んだ息が、ああやっぱりまた息継ぎ出来なかったんだな、と最初に噛みつかれた時のことが思い浮かんで、つい笑ってしまう。 ここで、油断したのがまずかった。 気を抜いた。 「なんですか……」と、恨めしそうに此方を睨む、上目遣いが。 キスの名残で熱っぽく、潤んでいて。 ずっきゅーん!と、下半身を直撃したのだ。 「ちょ……やば。まずいですそれは」 「は? 何が」 彼女の肩を掴んで、慌てて距離を取り少し前屈みになる。 視線を逸らそうとしたのに、彼女の濡れた瞳が余計に近くなって、目が離せなくなった。
/20ページ

最初のコメントを投稿しよう!