再開まで......

2/4
2338人が本棚に入れています
本棚に追加
/204ページ
駅を家に向かいながら歩いていると、包帯を巻いているからなのかいろんな人に見られる。マンションの7階まで階段で上がり、するりとすり抜けて家にはいる。 「姫いない……」 さらにすり抜け奏太の部屋へ行く。 「奏太くん……もいない……みんな何処にいっちゃったの?」と布団の上で丸くなって待つ。 ガチャッ 「あれ? ムー、もう帰ってたのか?」 「奏太くん、リュックのなか見て。お手紙がね、ユーリさんからあるんだ。でね、大変なんだ!」 「わかったって。それより足どうしたんだよ。包帯換えてやるからかして」と、きれいに足を洗ってくれ包帯を巻いてくれる。 「今からじゃもう医者やってないしなー。今日は我慢できるか?」 「うん。それよりリュック!」 「あぁ」
/204ページ

最初のコメントを投稿しよう!