Look up at the sky

11/11
28人が本棚に入れています
本棚に追加
/11ページ
私は財布を持ち、引き籠っていた部屋を飛び出してドラッグストアへと走った。 フラフラするけれど、そんなこと構っていられない。 目的の物を購入して家に戻り、トイレへと駆け込んで検査をした。 結果が出るまでの時間がとてつもなく長く感じられた。 でもそれは……身に覚えのあることは、その結果により確信に変わり、私を立ち直らせる材料となった。 後日、母に連れられて行った産婦人科でも「おめでたですね」と言われ、私は迷わず出産することを選んだ。 ********** 「陸都(りくと)、ここでね、パパとママはおしゃべりをい~っぱいしたのよ。パパは空を見上げて雲を見るのが大好きだったの。 あれは……」 もうすぐ1歳になる息子をベビーカーに乗せて、あの公園に来ている。 私はベンチに座って空を見上げた。 私が指差す雲は、リックが好きだった鶏の唐揚げの形に似ているかも? もう私は大丈夫。 息子という欠けがえのない宝物と、左薬指にはブカブカなんかじゃなく、またピッタリに嵌まった指輪をリックは残してくれたから。 そして空を見上げれば、そこにはニカッと白い歯を見せる少年のような笑顔のリックが、私たちを見守っていてくれていると信じているから。 END
/11ページ

最初のコメントを投稿しよう!