補習

14/57
1871人が本棚に入れています
本棚に追加
/539ページ
「…………俺、本気で余裕ないから……優しく抱いてあげられないと思う」 こうしてる今も、辛うじて繋がっている理性で耐えているんだから。 触れてしまえば、満たされるまで離せなくなる。 香月は、俺の首に腕を回してギュッとしがみつくと、耳元に唇を寄せ、チュっとキスを落とす。 「……………優しくしなくていいから、私のこと、離さないで下さい……」 ほんと、敵わない。 俺の理性なんか、簡単に踏み荒らしてくれるんだから。 「……………離さないから、覚悟して?」
/539ページ

最初のコメントを投稿しよう!