あしたがあるということ

彼女との夏は消えない。

0 2

32分 (18967文字)

あらすじ

「ぼく」が小さい頃の夏の思い出を思いだしていく話です。 構想を思いついてから、書き始めるまでに3年かかった作品。 要は私の怠慢が垣間見えるものですね。 最近、仲間内の同人誌に載せました。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2016/9/12

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る