あめふらし

24/29
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/29ページ
小木田に言われなくても、みなそうするつもりだ。 朝まで待っていれば、そのうちに台風は過ぎ去ってしまうことだろう。 雨風は激しさを増してゆく。 もうすぐ午後十時だ。 誰も口をきく者はいない。 大自然の猛威を、ただ静かにやり過ごそうとしていた。 その時である。入り口の扉が激しく叩かれた。
/29ページ

最初のコメントを投稿しよう!