僕が君に触れるとき

僕が君に触れるとき、それはつまり僕が君を殺すとき。

天野雫

恋愛 完結
10分 (5,906文字)

6 5

あらすじ

僕の好きな人は、病気のせいでガラスの向こうの無機質な白い部屋に閉じ込められている――。 そんな彼女は僕にこう言った。 「私を愛しているというのなら、それを証明して」 「どうやって?」 「こっ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません