見習い奇術師・鶴天斎華子の奇妙な休日

2018年は文明開化から150年。明治の時代を、華子と麗治郎が駆け抜ける! 

勇内一人

2時間46分 (99,305文字)
*閲覧&応援(スター)ありがとうございます!これからも、華子と麗治郎をよろしくお願いします!

295 1,111

あらすじ

時は明治30年、所は横浜――天才との呼び名が高い奇術師・鶴天斎聡一の一人娘・華子は、幽霊騒動の《からくり》を暴くため、大店「壽屋」を訪れる。そこには探偵の青山麗治郎と祈祷師の睡蓮様こと高木芳子、そし

感想・レビュー 1

(応援)  舞台となっている明治30年代というと、19世紀末。その19世紀末といえば、シャーロックホームズが活躍した時代である。作中ではエドガー・アラン・ポーへの言及もあり、作者は探偵小説が好きなので
3件

この作者の作品

もっと見る