2/5
49人が本棚に入れています
本棚に追加
/81ページ
 (せみ)の声が聞こえない――  埼玉(さいたま)から北海道(ほっかいどう)に引っ越してきて、初めての夏。  白っぽい石段を()け上がっていて、ふと足をとめる。見上げると、空が青い。りんにおおいかぶさるように広がる空へ手をさし伸べたが、つかめそうでつかめなかった。  ――りん! 「えっ?」  りんはふり返った。  名前を呼ぶ声が聞こえたのに――そこには誰もいない。  その代わりにりんが大好きな景色が広がっていた。 石段の下から坂はゆるやかに海へと広がる。 りんが登ってきた坂は、黄色いマリーゴールドや赤いサルビアに(いろど)られている。  円を描く海岸線。 青い海を(いだ)くように家々が(のき)(つら)ね、夏の日差しを浴びた屋根から煙突(えんとつ)が突き出ている。  物語のようだ。  ここからの(なが)めがりんを物語の主人公になったような気分にさせてくれる。 「あっ!」  りんは(われ)に返った。  時間がないんだっけ。  今日はおばあさんが午前中仕事だから、りんがお昼ご飯を作ってあげる約束をしたのだ。  石段を駆け上がったりんを迎えてくれたのは、荘厳(そうごん)社殿(しゃでん)をかまえる綿津見神宮(わたつみじんぐう)境内(けいだい)には白い玉砂利(たまじゃり)が敷かれていて、日差しを照り返すから(まぶ)しかった。  りんは幼馴染(おさななじみ)梨花(りか)のことを神様にお祈りした。梨花は中学生の時テニス部のエースだったが、練習のしすぎで(ひじ)を痛め、せっかくテニス部が強い高校に進学したのに入部すらできない状態だった。  ずっとそばにいたりんは、梨花がテニスをすごく好きなことを知っている。だからまたテニスができるように神様にお願いしにきたのだ。    りんは社務所(しゃむしょ)に寄った。健康にご利益(りやく)があるお守りを探していた時のこと。 「真剣にお祈りしてたみたいだけどもしかして恋愛成就(れんあいじょうじゅ)?」 「は、はあ?!」  社務所の人に話しかけられるとは思わなかったので、りんは戸惑(とまど)った。しか
/81ページ

最初のコメントを投稿しよう!