似ている彼

9/14
2487人が本棚に入れています
本棚に追加
/288ページ
「菊ちゃんは、人が怖いかもしれない。 でも、みんながみんな怖いわけじゃないよ。 少なくとも俺は、菊ちゃんを怖がらせたりしないし、味方になってあげる」 どうして……。 どうして黒田君は、ここまで僕に優しくしてくれるんだろう。 僕は黒田君に、何もしてあげていないのに。 「菊ちゃんが見たこともない世界を、俺が見せてあげる。 俺と仲良くしてくれるなら、きっとそれが可能だから。 だからさ…」 そう言うと黒田君は目を細めて、僕にそっと顔を近づけて来た。 「これからも、ずっと仲良くしよ」 「黒田君……」 そう、だね。 僕もそうしたい。 少しずつでいいから。 もっと黒田君に近づきたい。 黒田君が見ている世界を、 僕も見てみたい。
/288ページ

最初のコメントを投稿しよう!