稲刈り

6/7
1069人が本棚に入れています
本棚に追加
/100ページ
「確かに、明日は筋肉痛になるかもしれませんけど、この苦労が美味しいお米になって食べられると思えば、これくらいどうってことありません!自然農で作ったお米、どのくらい美味しいのか、本当に楽しみです!!」 「……あ?……えっ?」 真琴のこの算段には、さすがの晶も目を丸くして、返す言葉に困ってしまう。 そんな風に調子を狂わされている晶の様子を見て、古庄は思わず吹き出した。 「真琴ちゃん。可愛いだけじゃなくて、案外しっかり者なんだな……」 畑中に散らばっている稲束を集めに、再び向かっている真琴の後姿を眺めながら、晶がポツリとつぶやいた。 「そりゃ、俺の嫁さんだから……」 古庄も微笑みながら愛おしそうに真琴を見つめ、その表情を幸せで満たすと、晶もそれによく似た穏やかな笑顔で弟を見上げた。 「お義姉さーん!もう稲を掛けられるところがなくなりましたー!」 作業に精を出す真琴が、遠くから叫ぶ。 「…それじゃ、稲木を足さないと…」 晶がそう言いながら、トラックの方へ向かう。
/100ページ

最初のコメントを投稿しよう!