記憶 #2

1/22
19人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

記憶 #2

「大丈夫だよ、多分!!」 「だっておかしくないですか?」 「何がおかしい?」 「他の人達は思い出せているのにあなたの事だけが分かりません」 「たまたまだよ、きっと…」 「そうは思えません…、彼氏だったのならあたしにとって大事な人になるのに、普通なら真っ先に思い出しているはずだと思うんですが…」 「そうかもしれんけど、俺はスイの事は大事だよ?何か原因が分かるならやってるけど、分からない以上仕方ないから思い出してくれるまで来るよ」 「……ん……い」 「何か言った?」 「いえ…」
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!