special thanks

7/17
1291人が本棚に入れています
本棚に追加
/285ページ
静かな部屋に卑猥な水音と、いつもより半音高い声が響く。 「だから…響、力抜けって」 「もっ…ムリッ…」 生温かいその奥に指を押し込めると、引き千切られるくらい締め付けるそこ。 「ムリじゃないでしょ?…こんなにびちゃびちゃにして」 「そんな…言わないで……あぁっ!」 僕の背中にある指がぎゅうっと爪を立てて、響は華奢な身体を仰け反らせた。 呼吸の荒くなった響にキスをひとつして、顔を見つめる。 僕で乱れていく姿に興奮さえ覚える。 もっと乱れてしまえばいい。 他の誰も知らない女の姿をしている響がもっと見たい。 意地が悪い僕はその手を止めずに響の身体を起こして自分の上にまたがらせた。 「きゃっ…」 「捕まって」 響が僕と向き合う形で抱き合うようにしがみつくから、胸に顔を埋めて指先をしなやかに動かす。 耳元で喘ぎ声がするたびに何度も僕の方が飲まれそうになって、早く響の中に入りたいと葛藤する自分と闘う。
/285ページ

最初のコメントを投稿しよう!