カッパ淵

2/6
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/52ページ
「ねえ、この川の名前って『カッパ淵』って言うのよね? どうして?」  ふと思い出して、アタシは二人に聞いてみる。だって、変な名前でしょ?「カッパ淵」なんて。 「ああ、そっか。メグミちゃんは『カッパ淵』の昔話を知らないのか」  土手に生えている草の葉っぱを千切って、クルクル回していた流が目を丸くした。 「何だか、もうずーっと一緒に遊んでるみたいな気がしてたから、カッパ淵の話も知ってると思ってたよ」  そう言って流と汀ちゃんの兄妹は、名前の由来を聞かせてくれた。  ──昔、むかぁしのお話。  土淵の新屋という家の裏に、とっても深い淵があったんだそうな。  ある夏の暑い日、その家の若者が馬の足を冷やしてやろうと、淵へ馬を連れて行き、そのまま遊びに出かけてしまったんだと。  そうしたらそこへカッパが出て来て、馬を淵の中へ引きずり込もうとしてな。ビックリ仰天した馬はカッパをぶら下げたまんま、馬屋に逃げ帰ってきたそうな。  今度はカッパの方が驚いて、馬のエサ桶を引っくり返して、その中に隠れていたんだと。  家の者達が「どうして馬だけが帰ってきたんだろうか?」と不思議がって、馬屋をのぞいて見たんだと。  そしたらエサ桶が引っくり返って、小さな手が見えたんだと。  開けて見たらば、そこにはカッパが隠れておってな。  集まって来た村の衆が「このカッパ、いつもいつも悪さして、ろくでもねぇから殺してしまえ」と言い出したんだが、見つけられた河童は涙を流しながら手を合わせて言ったんだと。 「もう悪さは二度としねぇから、命だけは助けて下され」  新屋の主人は可哀想になって「これからは、ここの淵で絶対悪い事すんなよ」って、許す事にしたんだと。  カッパも言う事を聞いて、そこから遠く離れた奥沢の淵に引越したんだとさ。── 「この川は元々、大人の腰ほどもある深さの淵だったんだ。それを今は、川底を埋めて浅くしてあるのさ。これじゃあ、カッパは住めないかもね」 「ええ? だって、おとぎ話でしょ? 川が深くったって浅くたって、カッパなんかいるワケ、ないじゃない」  流の話を聞いて、アタシは思わず鼻で笑ってしまった。  だって、カッパよ、カッパ?  この科学も進んで、人が宇宙にまで飛び出そうとしている時代に、カッパですって?
/52ページ

最初のコメントを投稿しよう!