3.ライバルとの接し方

24/24
187人が本棚に入れています
本棚に追加
/88ページ
蒼真の横をすり抜け、ベンチに向かって歩き出す私の背に、少し苛立ったような声が投げつけられる。 「余計なことばっか、考えてんじゃねーよ」 立ち止まって後ろを振り返れば、心底不機嫌な顔の蒼真と声と目が合う。 「大体、陽菜が落ち込むとか気持ちわりーんだよ。元気だけが取り柄なんだから、辛気臭い顔してんな」 「っ、そんな言い方…!」 いつもなら言い返せるはずなのに、さすがに今日はそんな元気もない。 「陽菜」 次はどんな嫌味が飛んでくるのかと思えば、蒼真のこの言葉が私の心にストンと落ちた。 「今、結兄に彼女はいない。その事実だけで充分だろ」
/88ページ

最初のコメントを投稿しよう!