*天才児

41/73
356人が本棚に入れています
本棚に追加
/294ページ
 僕はポケットからその小包を取り出し振り向いた彼女の掌に乗せた。 「あ、またお菓子で機嫌取ろうとする……」 「好きでしょ? これ」 「……もうっ。なんだかわたしがすっごく単純な人に思われる」 「いいよ。僕にだけそう思われてるなら、いいでしょ?」 「……えっ?」  いつかと同じ様に、漏れるはずのない言葉が漏れていった。 「えっと……あの……それは、どういう……」 「あっ、その……」  本当はこの気持ちを全部全部彼女に伝えたかったのだけれど、今はまだ、その時じゃない。  もう少し待たなければ、彼女はきっと、耐えられないから。 「僕、意地悪だからさ」 「……なんか無理やりっぽいけど」 「ほら、食べる?」 「……うんっ!」
/294ページ

最初のコメントを投稿しよう!