第10章 #2

1/5
181人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

第10章 #2

「副社長が今日の昼食は中華が良いとおっしゃっている。専務からそう聞いてすぐに注文したんですが……実際は副社長、辛いものダメだったらしくて……。」 「子供みたいな嫌がらせね……」 「でも、僕が悪かったんです。前もってリサーチをしていなかった。秘書として……、まだまだ勉強不足ですねっ」 刷り上がった用紙を数枚重ねて、志摩くんがデスクに再び座った。 ニコッと笑うその顔は、疲れの色なんか微塵も見せない。 むしろ、やる気で満ちている。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!