第12章 #2

1/2
180人が本棚に入れています
本棚に追加
/35ページ

第12章 #2

子供に言い聞かすような優しい声色に、私はコクンッ……と、小さく頷き返すのが精一杯。 ───なんなの、これ……。 恭哉ってそんなキャラだった? 「…………っ」 恭哉が出ていった後も、謎の動悸は治まらず。 触れられた頬が熱くて……、苦しくて。 私はその場にしゃがみ込み、頭を抱えた。
/35ページ

最初のコメントを投稿しよう!