【絶対なる】一夜【支配9】

1/15
640人が本棚に入れています
本棚に追加
/22ページ

【絶対なる】一夜【支配9】

六千発の火の花が夏の夜空を華やかに彩る。 色んな形状や色の花火が打ち上げられて、フィナーレには何発もの大きな花が咲き誇る。 最後の一発が名残惜しく消えて、 「……終わっちゃったね」 「うん……きれい……だったね」 そんな言葉を小さく、交わし、 帰路につく人々を誘導するアナウンスが流れる中、 私たちはそっと手を繋いだ。 〝まだ、帰りたくない” と、お互いの意思を確かめ合うみたいに、喧騒が消えていく会場を歩いた。 だけど、私も彼もまだ高校生で一晩中、この夜の町を彷徨うわけにはいかない。 「そろそろ帰―…」 帰らなきゃ、そう口にしようとした時、 「俺はまだ、帰したくないよ」 彼、頼君は私を見つめて、私の手をさらにぎゅっと握って言った。
/22ページ

最初のコメントを投稿しよう!